スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< で・・・ | main | 効率的に・・・ >>

「・・・・」

オーボエの「リードケース」といえば、市販されているものを買って使うのが一般的ですが、

何かと高額で販売されている為、ホームセンターなんかで安く材料を調達して自作するという方法もあります。


私の場合だと、中学時代は、楽器に付属している3本入りのリードケースをずっと使っていて、高校に入ってからも、いっときの間は3本入りケースを使っていました。

もう、かれこれ15年くらい前の話になりますが、その当時、私は10本入りのケースに憧れて、UDRでユポンか何だか知りませんが、確か5千円ちょいくらいで親に買ってもらったのを覚えています。

その時は、憧れの10入りケースを手に入れた喜びでいっぱいでした。。



・・・ところが、その10本入りケース、今でも捨てずに持ってはいますが、全く使っていません。

どうしてかというと、個人的に使えないからです。


壊れているのか?といえば、内部の仕切りのスポンジ素材の部品が少し剥がれている程度で、別に壊れているというほどではありません。

では、どうして?といえば、ケース内部品の取り付け方が乱雑な為、横一列に並べたリードの長さを相対的に比較できないからです。

リードの下のラインをきれいに合わせて横にズラーッと並べたとき、46丱船紂璽屬鮖箸辰討い襪里?それとも47丱船紂璽屬鬚弔っているのか?が一目瞭然です。

でも、10本の針金が取り付けてある金具が、ケース本体に対して水平かつ平行に取り付けられておらず、あろう事か数ミリも前後にズレていて斜めになっていれば、当然、長さの判別ができません。

まさにその状態なのです。

ただ単に、リードをしまっておくだけの用途なら、全く問題はないのですが・・・



もし、オーボエを吹いておられる方で、「ボロくてもいいから10本入りケースが欲しい!」という方がいましたら、下記アドレスへメールを頂ければ差し上げます。

先着たったの1名様ですが、タダでプレゼントさせて頂きます^^


obr.hanbaiアットマークchoja.sakura.ne.jp
※上のアットマークの部分を@に置き換えて下さい。



注意:

リードケースの中にしまうのは、

「あなたにとって同じ物が二つと存在しない、とても大切なリード」です。

ですから、もし自作するのであれば、よっぽどしっかりした物を作らないとリードを破損してしまいますので、くれぐれもご注意ください。

| ,劼箸蠅瓦 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 06:03 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--